大宮の薄毛治療でコンプレックスを解消

お客様の視線が頭部に向かっていると感じ集中できない

普段は営業の仕事をしており毎日たくさんの人々と会っている一方で薄毛にも悩んでおり、大きなコンプレックスになっていました。
パンフレットを見せたりしながらプレゼンテーションを行いますが、いつの間にかお客様の視線が頭部に向かっていると感じ、集中できなくなることもありました。
そうなると説明する口調もたどたどしくなり、笑われてしまうこともありました。
現在では非接触が求められる世の中となり、オンライン会議システムなどを利用したリモートによる商談が増えましたが、今度は対面による営業よりも気になるようになりました。
相手の端末にどのような画面が映し出されているのか確認すると、照明やカメラのスペックによるものなのか頭部の肌色が強調されてより薄毛が目立つようになり、ショックを受けました。
対面で行う営業ならば自分で自分の姿は見えませんが、リモートになることで画面に映し出された姿を見て自分のコンプレックスを奇しくも実感して、増大されたしまった感があります。
このままでは仕事もプライベートも不安になることから、思い切って大宮のクリニックで薄毛治療を相談することにしました。
予約をしたカウンセリングの日に来院すると、やはりAGAの症状であると診断され、自分の中で薄毛が揺るぎない事実であると確定したのと同時に、逃避することは不可能だと思いました。

お客様の視線が頭部に向かっていると感じ集中できない本格的な薄毛治療をして抜本的な解決をしたいかつてのようなコンプレックスが解消されました

大宮で薄毛治療をするならこちら | 【埼玉県】大宮・与野のAGAクリニック35店舗を紹介!